エネルギーに拘った住宅にしたい

どんな住宅が欲しいのかというのは人によって違うわけですが私の場合は結構気になっているところとしては、住宅のエネルギーという所にこだわりたいと思っています。オール電化というのも悪いわけではないですが、全部電力に頼るというのも怖い気がするのでハイブリッドで出来るような住宅というのが良さそうと考えています。ですから、そういう結構特殊なエネルギー形態で住むことができるような住宅というのが欲しいと思っています。この手の住宅というのは当然ながら建売でもなくはないのですが、間取りとかも考えますと自分なりにこだわりたいところとかがちょっと気になったりもするので、なんといっても注文住宅で、と考えています。少しでも良い住宅を、と考えているのは間違いないですが細かいところまで注文をつけて作るということになりますとやはり注文住宅になります。太陽光発電などは基本的につけるとして、そうなりますと屋根の形などにも拘りたいと思っています。自分ですべてをメンテナンスをするわけではないですが、設置しているところにそれなりに行きやすいような状況にしておきたいわけですから、外観では屋根に登りやすいように、ということにはしたいところです。そうすることによってメンテナンスするような時にとても助かると思うからです。あとこだわりたいのはお風呂とか内装といったようなことになるわけですが、これは細かいところをちまちまと自分好みにしたいです。色とか形もそうですし、広さなどもちょっと変わった方向性にしたいと考えています。風呂なんかも出来るだけ手間がかからないように、というような形にしたいです。掃除がしやすいような内装、というのができたりしますとそれが最高であると思っています。家の機能というよりは、いかに効率的に過ごすことができるのか、といったようなことを意識して家作りをしたいと考えています。通路の幅とか場所なんかを拘りたいと思っています。