玄関収納を考えてみよう

玄関は家の鏡であり、玄関の様子を見るだけで家の中の様子がわかるといわれています。玄関煮物があふれているようだと、家の中にも物があふれていて、だらしがないとみられてしまう可能性があります。

ものを少なくできればよいですが、家族が多いと難しかったり、捨てられないものもあるはずです。そんなときには、玄関収納に工夫をしてみましょう。玄関収納に工夫をすると玄関をスッキリとさせることができます。

靴をしまう場所は下駄箱だけだと思っていませんか。しかし、他にもウォークインタイプや壁一面のタイプといった形があります。

ウォークインタイプの玄関収納はシューズクロークとも呼ばれています。ウォークインクローゼットのような形になっていて、奥行きがあるのでものの出し入れがしやすくなっています。収納内部は広々としているので、靴だけでなくゴルフバッグ、傘、自転車なども収納できます。ものが多い家庭におすすめです。

ウォークインタイプは、扉を取り付けて臭いが玄関にもれないようにする、窓を取り付けて換気をよくするなどの工夫もできます。

壁一面のタイプの収納は下駄箱を大きくしたようなものです。大きな収納は圧迫感を与えてしまいがちですが、壁に埋め込むように設置をすると圧迫感がありません。

大きな収納なら、たくさんの靴を入れることができます。ウォークインタイプと違って奥行はあまりないので、自転車など大きなものを収納するには向いていません。

家を建てた当初はものが増えるとは思っていなくても、家族が増えると次第に物の量が多くなってきます。子どものベビーカーや自転車などを玄関に置くことがありますが、場所をとって困ってしまうことが珍しくありません。

家を建てるときの家族の状態を考えるだけでなく、未来の家族のことも考えて玄関収納を決めてみてください。あらかじめ収納を多くとっておくと、家族が増えたときにも玄関をスッキリとした状態に保ちやすくなります。