注文住宅での収納スペースへの考察

家づくりで欠かせないもの、それが収納です。賃貸のアパートやマンションでは、収納スペースが少なくて部屋の整理ができない、いつまでも綺麗にならない、そんな嫌な思いをしてきたのではないでしょうか。これからは収納で悩むことがなくなる、注文住宅でたくさんの収納を作りたいと思うに違いありません。収納というとクローゼットや床下収納、また階段下の空間に収納を作るとか、シューズボックス、押し入れなどもあるかもしれません。

収納は多いほど良い、そのように思うかもしれません。確かに大は小を兼ねると言いますので、大きいほど、多いほど良いと思うものです。ですがいざ実際に生活してみると、多すぎる収納というのも意外と難儀と感じることが多いのです。例えば収納をたくさん作ったは良いのですが、どこになにを入れたのかわからなくなってしまうとか、収納が多く作ったため、他のスペースが小さくなってしまった。また奥行きを深くし過ぎて物が取り出しにくい、そのような不便な状況になることがあります。

またウォークインクローゼットを設置して、洋服を全部一か所に入れてしまおう、そのように意気込むかもしれませんが、実はウォークインクローゼットというのは、中に人が通る通路を作る必要があるため、実際に容量とするとそれほどでもない、ということがあり得ます。収納というのは、やはり適材適所に設置するのが一番満足できます。高さや収納量、使いやすさなどを意識して決めるようにしましょう。

家族が多いとシューズボックスは重要な収納になります。洋服と同様、シューズも増えていく傾向にありますので、やや大きめが理想的です。シューズインクローゼットを設置することができるかどうか検討してみるのは良いことです。玄関が靴でいっぱいになっているのは、どうにも美しくありません。収納が充実しているとすっきりして、気持ちの良い玄関になることでしょう。レインコートや長靴、ブーツなども収納できるところがあると、さらに気持ち良く収めることができます。