ハウスメーカーと工務店の違い・特徴

家を建てるときには、ハウスメーカーまたは工務店にお世話になることが一般的です。ハウスメーカーも工務店も同じように思うかもしれませんが、それぞれに特徴があります。それぞれの特徴を知って、理想の家に近づけるところを選んでみてください。

●ハウスメーカーの特徴

全国展開していることが多く、資材の大量発注が可能、コストをカットしやすい、品質が均一と言った特徴があります。

家のスタイルはおおよそ決まっていて自由度は低めですが、すでに建っている家をモデルハウスで確認することができます。家を建ててから「こんなはずではなかった」といっても建て直すことはできません。モデルハウスで確認をしておけば、実際に家を建てたときのことを想像でき、安心できることでしょう。

また、規格住宅の場合は資材を工場でカットしているため、現場では組み立て作業を行えばよく、工期が短くて済みます。

家を建てる段階では工務店や大工が参加することがありますが、組み立て作業が中心なので、大工の腕の見せ所がありません。つまり、どのような工務店や大工が下請けを行っていても、品質が均一になりやすいのです。ただし、ハウスメーカーによっては腕のよい大工と契約を結んでおり、大工の腕のよさを活かせるメリットがあります。

●工務店の特徴

限定された地域で仕事を請け負っています。工務店がある地域周辺に限定していることが多いです。

ある程度規格が決められていることがありますが、ハウスメーカーに比べると自由度が高いです。そのため、思い描くような家に近づけることができます。

資材の大量仕入れは行っていないので、その分資材費がかかってしまいがちですが、地元の資材を使用するなど輸送費を抑えることでコストを削減する工夫をしている工務店もあります。

工務店は信用を重視しているので、下手な大工に仕事を依頼することはできません。大工の腕を重視しており、腕のよい大工に仕事を任せていると考えられます。