吹き抜けのある家のメリット

開放感がある吹き抜け。家を建てるなら吹き抜けにしたいと考えている方もいると思います。

吹き抜けの家には、いくつかよい点があります。ここでは、吹き抜けの家のメリットを紹介します。

●開放感がある

人間は部屋の広さと高さのバランスから空間の快適さを判断しています。床面積が同じ場合、屋根が低い家よりも屋根が高い家の方が開放感を得ることができます。

近年はお隣の家と密接したように家を建てることが珍しくなく、どうしても床面積を取れないことがあります。こういった場合でも吹き抜けにして高さを出すと、空間が広々としたように感じられます。

●家族のつながりを感じられる

2階建ての家で、1階部分と2階部分の動線が階段だけの場合、上階にいる家族に声をかけるときには階段を昇らなければならず、食事の準備ができて呼びに行くときなど、何かと不便です。また、1階部分と2階部分が天井や壁で仕切られているため、同じ家にいながらも家族と離れているように感じてしまうことがあります。

吹き抜けの場合だと1階から2階に、2階から1階に声が届きやすくなります。また、1階と2階を仕切る天井がないため、つながりを感じやすくなります。

●家を演出する

吹き抜けがあると家を演出することができます。たとえば、玄関に吹き抜けを作って採光をすれば、明るい玄関を演出できます。北側の玄関であっても、家族や訪問者を温かく迎えてくれます。

●施工費を削減できる

部屋の仕切りや柱を減らすことで施工費を削減できます。吹き抜けにすれば1階部分と2階部分を仕切る天井をなくすることができるので、施工費の削減につながります。

このようなメリットがありますが、柱が少ない分耐震性が劣ってしまうことがあります。後から柱をつけたすことは難しいので、家を建てる前に耐震性についてよく考えてみてください。

さまざまなメリットがある吹き抜けなので、ライフスタイルにあわせて取り入れてみてはどうでしょうか。