「注文住宅」と「建売住宅」のメリットとデメリット

新築の一戸建てを購入するときは、注文住宅と建売住宅のどちらにすべきか悩む人も多いでしょう。ですのでその場合は、それぞれのメリットやデメリットを知った上で、どちらが自分に合うのかを検討するとよいと言えます。

まず「注文住宅」のメリットとしては、自由度が高いので思い通りの住まいにできることや、家づくりを楽しめることが挙げられるでしょう。注文住宅は、ハウスメーカーなどに注文して一から家づくりをするというタイプの住宅なので、間取りや建材、設備などを自由に決めることができます。そして家族であれこれ話し合いながらどんな家にするかを決めることができるため、家づくりそのものを楽しむことができるのです。注文住宅のデメリットとしては、建売住宅と比べると価格が高くなってしまうことや、一から作ることになるため手間や時間がかかってしまうことが挙げられます。ただし、ある程度決められたパターンから選べるセミオーダータイプの注文住宅であれば、時間や手間を減らすことも可能です。

一方の「建売住宅」のメリットとしては、注文住宅よりも価格が安いことや、契約後すぐに住めることなどが挙げられるでしょう。建売住宅は、すでに建てられた住宅を土地付きで購入するというタイプのものなので、家を建てる時間や手間をかけることなくすぐに住むことができます。そしてこの手の住宅は一度に大量につくることで建材の仕入れコストなどを抑えているため、販売価格も安くすることができるのです。しかし建売住宅は、あらかじめ決まった仕様や間取りのものを購入するだけなので、不満があってもある程度妥協しなければならないというデメリットがあると言えるでしょう。

以上のことから、「注文住宅」が向いているのは、ある程度の時間や手間をかけてもいいから、自分のこだわりを実現したいという人になります。そして「建売住宅」が向いているのは、できるだけコストを抑えたい人や、時間をかけることなくすぐに住みたいという人だと言えるでしょう。