注文住宅での設備機器の選び方

注文住宅の家づくりでは、いわばオーダーメイドができるので、ワクワクドキドキしますし、すべてが新品、最新式の設備が揃うのは本当に嬉しいことです。主婦の立場の人たちは、キッチンが使いにくかった空間の代わりに、新しいシステムキッチンになることで、料理にも力が入ることになるでしょう。マイホームを購入することで、これまでの不便な暮らしからさよならできるのは、この上ない幸せな気分になるものです。

そのシステムキッチンですが、そのメーカーもデザインもたくさんあります。カウンターを付けるのかとか、収納スペースはどのくらいが良いのか、浄水器は必要だろうか、食器洗い乾燥機をつけて、洗い物を楽にしたい、またディスポーザーも魅力であり、そうしたものを搭載することができれば、大満足でしょう。とはいえ、憧れていたシステムキッチンも、実際使ってみると、やや使いにくさを感じてしまうことがあります。

その1つは高さがあっていないために疲れる、腰が痛くなる、そんなことになる可能性があります。収納もたくさん欲しいと思っていたので大きいのにしたら、結局半分も使ってないということになるかもししれません。調理道具はだいたい決まっていて、それ以外はほとんど使わないことが多いものです。対面式のキッチンは欲しいタイプかもしれませんが、いろいろな電化製品を置いてしまって、スペースがないと感じることもあるでしょう。もっと広いものしておけば良かった、そんな気持ちになります。

設備に関しては、カタログだけで決めるのはとても後悔しやすいです。というのは写真やサイズなどが書いてあるので、おおまかにはイメージができるのですが、実際には見てないし、使い勝手が本当に自分たちに合っているのかどうかがわからないからです。それでキッチンやお風呂、トイレといった水回りで毎日使う部分、また高額になる設備に関しては、実物を見て決めることです。ショールームなどに行き、身て触れて体感して決めるならば失敗は少ないです。