家を建てる前に知っておきたい内容としまして

家を建てる前に十分熟慮して予算等の範囲で決定したい工法でありますが、木造軸組工法の日本家屋で多く採用されている工法だけではなくて、他にも様々な工法があります。代表的な工法としましては、まず、「2×4工法」と言う工法では、箱状の空間を左右に繋げたり、上下に重ねたりする工法で、木造軸組工法と比較しますと、間取りの自由度は低い形になりますが、耐震性や耐火性につきましては、非常に高いです。ただ開口部の高さに制限があることが難点です。RC造(壁式工法)の建築方法としましては、鉄筋を組んだ後に、型枠を立てて、コンクリートを流し込んで柱や壁をつくるのですが、一番のメリットとしましては、他の工法と比較しまして、耐震性、耐火性共に非常に耐久度が高くなるのが、一方で工期が長いのが特徴で、じっくりしっかりと、予算をかけて頑丈で強固な住宅である一軒家を建てたいと言う方にお勧めであります。鉄で時間をかけてしっかりと建築されているのですが、欠点としましては、工期な長いのと、建築費用がかかると言う点で、予算と時間をかけれない方にはお勧めできない工法となりますが、じっくり時間をかけて予算も大量につぎ込める方につきましては、頑丈な構造でありますので、お勧めできます。ただし冬につきましては、対策をしないと、鉄なので床等が非常にひんやりしたり、家が全体的に冷たくなりがちであります。「プレハブ工法」としましては、柱や梁をあらかじめ工場で作りますので、現地で組み立てると言うよりは、パーツごとで工場で精密に組み立てた物を現地で組むだけと言う形になりますので、管理がしやすく、工期も比較的短くて済む形となります。鉄骨系・木質系・コンクリート系からも選択できるのが特徴です。「鉄骨造」では、鉄骨の種類により軽量鉄骨造と重量鉄骨造に分けられます。3階建て、4階建てにも向いている工法でありまして、間取りの自由度は高いですが、コストがかかると言う欠点があります。