ローコストでの注文住宅のノウハウ

注文住宅において、ローコストで納めたい、でもそこそこの家に住みたい、このような場合には、悩みどころが多くなります。基礎部分は大事なところなので、そこを削るには不安があるし、あとは建材や素材、そして家の中の設備などの調整がメインとなってきます。

業者の出すプランは、安いと感じるかもしれませんが、その中で変更をしたいと思うとトータル費用も余分にかかってくることが多いのでなかなか理想を実現させるのが難しく感じることは多々あります。ローコストで建てるというのは簡単ではなく、その中で個性を出したり、満足できる家づくりをするとなると簡単ではありません。

とはいえ、1つポイントになるのは、間取りを工夫する点においては、コスト増にはならないかもしれません。それで素材や設備のクオリティの面では多少妥協するとしても、間取りを工夫すれば、注文住宅らしいオリジナル性を出すことができます。

またローコストの場合、削る部分が大きくなっていくので、どうしても譲れない部分を業者にはっきり伝え、優先順位を幾つか書き出して説明してみることができます。それに応じて業者に調整してもらうようにして、できるだけ主導権をこちらが握るように進めていくことがコツです。業者の言いなりになることだけは避けるようにしましょう。業者の言いなりになるということは、いわば建売住宅のようになってしまうことであり、業者が儲かるように施工しているようなものになってしまうからです。

ローコストにするとシンプルになるのは仕方がないことです。とはいえそのシンプルな住宅が住みやすさを生むこともありますし、余分なものが付いていないことで、すっきりと見えるのも確かです。ローコストでも配色に変化を持たせたり、間取りを工夫することで、満足度は格段にアップしていくものです。とりあえず今回は予算の関係上、理想を叶えることができないとしても、やがて数年後にリフォームなどをして、さらに良い家にしていくという選択肢もあります。