採光のよい家を作る工夫

明るい家を作る方法は、窓を大きくするだけではありません。ここでは、採光のよい明るい家を作る工夫を紹介します。

●道路や隣家に接するなら腰高窓がおすすめ

道路や隣家に接する場合、防犯や目隠しのために1日中カーテンを閉めてしまいがちです。これでは、せっかく窓があるのに部屋が暗くなってしまいます。

道路や隣家に窓が接するようなら、腰高窓がおすすめです。腰高窓なら格子を取り付けることができ、防犯性が高くなります。すりガラスを使えば、外から家の中が見えにくくなります。

●キッチンは照明都のバランスを考える

キッチンに直射日光が入ると食品の傷みが気になるので、採光には注意が必要です。また、自然光だけでは手元が見えにくいので、照明が必要になることがあります。そのため、キッチンを自然光だけで明るくしようとするのではなく、照明とのバランスを考えてみてください。

収納を取り付けると窓の設置場所が狭くなってしまうので、この点も考慮しましょう。

●窓の位置を高くして部屋の奥に光を届ける

細長い形状の家の場合、窓があっても部屋の奥には光が入り込まないことがあります。この場合は、高い位置に窓を設置することがおすすめです。

ただし、西側で高い位置に窓を設置すると部屋が暑くなりすぎることがあるので気をつけてください。南側であれば、夏は部屋に日差しが入りにくく、冬は部屋の奥にまで日差しが入りやすくなり快適です。

●集合住宅の場合は高い位置と低い位置に窓を設置する

住宅が密集しているような土地だと、カーテンを閉め切ってしまうと思います。採光と目隠しのことを考えるなら、天窓や高窓を取り付けることがおすすめです。しかし、高い位置にしか窓がないと風通しが悪くなるので、対になるように低い位置にも窓を設置するとよいでしょう。高い位置と低い位置に窓を設置すると風通しがよくなります。

窓を取り付ける位置を工夫すると、明るく快適な家に近づくことでしょう。