家の素材に使われる天然素材の特徴

自然が大好き、ナチュラルな生活にあこがれている、健康面に配慮したい、このような方に注目されているものが、自然素材の家です。

自然素材といっても、無垢材、珪藻土、漆喰など、いくつかの素材があります。それぞれの素材に特長があるので、特徴を知ってどのように取り入れるか考えてみてください。

●漆喰の特徴

漆喰とは、消石灰(水酸化カルシウム)を主成分とする建築材料のことで、壁材として使用されます。

・メリット

漆喰は、二酸化炭素を吸収して少しずつ固まる性質があります。家を建てて年月が経つほどに味わいがでてきて、愛着がわくことでしょう。

また、調湿性があり、夏は空気中の湿気を吸い取り、冬は吸収して湿気を放出して、快適な湿度に保ってくれます。

さらに、燃えにくい素材なので防火対策にもなります。

・デメリット

漆喰で壁を作るためには、養生・下塗り・仕上げといくつかの工程を経る必要があります。そのため、一般的に使用されるビニールクロスの壁紙よりも工期が長くなります。

●珪藻土の特徴

珪藻土とは、藻類の一種の珪藻の殻が堆積してできたものです。壁材に使用されます。

・メリット

バスマットやシリカゲルの代わりなどに使われるように、珪藻土には水分を吸収する働きがあります。そのため、室内の湿度を調整していくれます。湿気を吸収すると同時に臭いも吸収をしてくれて、防臭効果も期待できます。

さらに、防火性にも優れています。

・デメリット

珪藻土は乾燥するとひび割れることがあります。

また、そのままでは固まらないため上に固化材を塗る必要があり、その分工期が長くなります。

●無垢材の特徴

無垢材は天然の木を使用したもので、主に床や家具に使用されます。

・メリット

木材から発せられる香りにはリラックス効果があるといわれています。

無垢材は調湿効果があり、快適な湿度に保ってくれます。

また、気の肌触りや木目などから温かさを感じることもできます。

・デメリット

天然の素材なので色にばらつきがあります。